pmnh wildlife portrait archive : birds

ハクセキレイ - Black-backed Wagtail - Motacilla lugens

うん十年前、まだ学生だった頃、駅前の銀行のビルの壁面にたくさんのハクセキレイが集結しるのを見つけてびっくりしたものだ。それ以前には(少なくともしばらくの間)東京の市街地にセキレイはいなかった。その頃に何かきっかけがあったのか、圧迫があったのか、それはわからない。

昨今は特に冬になると多い。平然と、コインパーキングに一羽ずつ、まるで収納係のように居座って虫を捕っている。チョコチョコと人から逃げ、車から逃げ、屋根に逃げ、また地面に降り、ゴミを拾い、また棄て、コンクリートに囲まれたセキレイの生活は埃っぽい。

ただ夕方になると、気晴らしなのか、何なのか、突然、吹っ切れたように、チリチリと鳴きながら空の高いところに飛び上がることがある。こういう時のセキレイは、逆光に羽根が透けて、ちょっと切ない。



[写真撮影 : 2008/10 - 茨城県土浦市 - 約20cm - 個人的博物館本館の
セキレイ・ビンズイ・タヒバリのなかまのページへ]
[photo data : 10/2008 - Ibaraki, Japan - abt. 20cm - visit the main museum ("
Wagtails and Pipits")]
[Sleeker_special_clear]