pmnh wildlife portrait archive : others

ヒツジ - Domestic Sheep - Ovis aries

0709goat110_w
今年は未年、ならばヒツジを出さないわけには行くまい。ということで羊。ヤギに見えるが、調べたら羊らしい。


アフリカに行ってちょっと驚いたのは、白・黒・茶の混じった小型犬みたいな連中が村落の周りに群れていることだ。しかも、犬だと思ったものが、よく見ると山羊の顔をしている。まったくおもしろい。

写真はガボンの羊だが、West African Dwarf という品種らしい。一方、山羊にも West African Dwarf という品種があって、そっくりだし色が同じというので、実に紛らわしい。一緒にいることもあるようだが、基本的に別種だから交雑はしないらしい。

犬と違ってあまり危険はなさそうだから、接触しない程度に近寄って様子を見ると、向こうも摂食されない程度に近寄って顔を覗き込んだりする。羊は臆病だが、警戒を解いてもらえれば、それなりにフレンドリーだ。

0709goat110
0709goat106

そう言えば、以前アルプスで羊の群れに遭遇した時、最初は警戒されていたが、群れの一頭がくしゃみをしたのをみて、僕もくしゃみをしてみたら、急に打ち解けてきたことがある。しかも一頭来ると、他のも次々に挨拶に来る。山の中腹で、羊の群れに慕われて、ちょっと幸せだった。その時の写真をおまけに一枚。

9508sheep008

[写真撮影 : 2007/08 - ガボン (おまけは 1995/08・スイス) - 個人的博物館本館の人里・農地の哺乳類のページへ]
[photo data : 08/2007 - Gabon (+ 08/1995 @ Switzerland) - Bovidae/Caprinae - visit “
Mammals in the town, country and farmland” (main museum)]
[Sleeker_special_clear]