pmnh wildlife portrait archive : others

アジアゾウ - Asian Elephant - Elephas maximus maximus

象は、象さん象さんとか呼ばれて、世間では心優しい肥満児のように思われている節があるが、野生のものは怖い。取って喰おうと言う下心も、陰湿さもないけれども、一対一で対峙すれば大きいものが勝つのが自然の摂理だから、象も当然のように服従を要求する。

こんな感じで湿原にいれば、お互いお見通しだから距離も測れるが、茂みから突然現れて威嚇されたり、少し距離のあるところから本気で突撃されたりすると、なす術はほぼないし、本当にこわい。だから、象がいるところでは、用心して、用心して、逆鱗に触れないように姿を隠すしか仕方ないのである。

なお、これはスリランカのアジアゾウなので、亜種としてはセイロンゾウ (Sri Lankam Elephant) Elephas maximus maximusとなる。



[写真撮影 : 2011/08 - スリランカ・ヤーラ国立公園 - 個人的博物館本館の
平野・湿地の哺乳類のページへ]
[photo data : 08/2011 - Yala, Sri Lanka - visit the main museum "
Mammals encountered in the plain & wetland"]
[Sleeker_special_clear]