pmnh wildlife portrait archive : others

インドオオコウモリ - Indian Flying Fox - Pteropus giganteus

1108indianflyingfox25_w
南西諸島にいる奴らは比較的小グループで、飛んでいる時も突然しゅんしゅんと頭上に一頭で現れると言うイメージが強いが、南の方の奴らは一般に半端ではない数が集う。


ウやらペリカンやらの群れがそれぞれ勝手な方向に飛び交う夕方、湖の反対側でコウモリらしきものが渦を巻いているのが見えたから、翌日の夕方見当をつけておいた場所に行ってみた。が、なかなか群れは見つからない。てくてく歩いて、やっとコロニーに遭遇した時はもう日暮れで、写真は撮るには撮れたものの、ブレブレで惨敗した。

執念深くつきまとうのも先方に迷惑だからあまりそういうことはやらないのだが、この時だけはちょっと悔しくて、翌日の午後、少しだけ早い時間に再挑戦を試みる。ストロボは焚きたくないし、動きは気まぐれだし、暗いし、と言い訳を並べた上で、三枚ほど掲載。

スリランカでは電線で感電死しているのがそこかしこにブラブラぶら下がっている、というのは割り引いても、一般にコウモリは犬猫の次くらいに観察しやすい哺乳類だが、つくづく親戚にこんな変なものがいてくれてよかった、と思う。

1108indianflyingfox25
1108indianflyingfox261108indianflyingfox27


[写真撮影: 2011/08 - スリランカ - 推定体長約25cm - オオコウモリ科 - 本館での人里の哺乳類のページへ]
[photo data : 2011/08 - Sri Lanka - Head+body abt. 25cm L - Pteropodidae - go to "
mammals in the town & country" in the main site]
[Sleeker_special_clear]