pmnh wildlife portrait archive : others

マレーオオトカゲ - Malayan Monitor - Varanus salvator

1405malayanwatermonitor01_w
オオトカゲを初めてみたのはタマンネガラの奥の森で、ヒルに悩まされつつ弁当を使っていたら、茂みの奥からいきなりドスドスと出てきたのだった。


話には聞いていたが、爬虫類というか、人間と普通に遭遇する可能性がある野生動物としては最大級のサイズだ。何せ普通に2mはある。最大記録は3m超えらしい。人間より全然大きい。だから、オオトカゲとの初対面は誰にとっても衝撃の体験になる、と思う。

何はともあれ。そのようなものが、人間との衝突を避けつつ、森で、海で、畑で、町で、生き延びているというのはよいことだ。

1405malayanwatermonitor011405malayanwatermonitor02
1405malayanwatermonitor03
1405malayanwatermonitor07


[写真撮影: 2014/05 - シンガポール - 体長2m内外 - 個人的博物館本館のオオトカゲのなかまのページへ]
[photo data : 05/2014 - Singapore - L.2m approx. - go to "
monitors and allies" in the main site]
[Sleeker_special_clear]