pmnh wildlife portrait archive : others

インドオオコウモリ - Indian Flying Fox - Pteropus giganteus

1108indianflyingfox25_w
南西諸島にいる奴らは比較的小グループで、飛んでいる時も突然しゅんしゅんと頭上に一頭で現れると言うイメージが強いが、南の方の奴らは一般に半端ではない数が集う。


view photo...

ヌマレイヨウ - Sitatunga - Tragelaphus spekei gratus

0708sitatunga780_w
アーメン。



view photo...

ナガコガネグモ - Wasp Spider - Argiope bruennichi

1209nagakgngm25_w
秋にだんだん大きくなって、大きくなり過ぎて、にっちもさっちも行かなくなってくる、と言えばジョロウグモとカマキリが代表格だと思う。ナガコガネグモは現在ジョロウグモと呼ばれるクモとは違うが、少し細長くて、どこか似ている。それにやはり大きくなるのがちょっと遅いようだ。


view photo...

ミヤコヒキガエル - Miyako Toad - Bufo gargarizans miyakonis

1202miyakohikigaeru25_w
意外に湿地が多くて蛇のいない島、南大東島にはカエルが多い。サギもいるにはいるけれど、大き過ぎるのか、多すぎるのか、ともあれ島はカエルだらけだ。


view photo...

オオミミハリネズミ - Long-eared Hedgehog - Hemiechinus auritus

1208hedgehog25_w
ゴビに下りてきた途端に暑くて寝苦しくなったので、ゲルの扉を開けて寝ていた。朝起きて床を見ると、イタチの糞みたいな糞が二つしてある。まだ新しい。おいこれは何ごとだ、と懐中電灯で探してみると、いたいた、寝台の下で何か頓馬な哺乳類が右往左往しているのだった。

view photo...

アカハライモリ - Japanese Fire Belly Newt - Cynops pyrrhogaster

0706akaharaimori227_w
イモリは、よく耳にし、また小さい時から図鑑で目にしてきた割には謎の動物で、水の中にいるのは知っていたが、一体どこにどうやっているのか不思議でならなかった。


view photo...

未同定のベトナム産カタツムリ - Unidentified Vietnamese Land Snail

0908snail_cattien26_w
梅雨に入ったと言うので、安直にカタツムリ。熱帯雨林のべちゃべちゃした地面を這って、キノコを食べていた奴。地味にきれいだが、こんなのは、焼いて食べても体がおかしくなりそうだ。


view photo...

キルクイヌカモシカ - Damara Dik-dik - Madoqua kirkii damarensis

0508dikdik_e014_w
サンコウチョウに続き、普段なかなか出番のない「きれい・かわいい」路線のものを虫干しにすることにした。


view photo...

ニホンマムシその2 - Japanese Mamushi - Gloydius blomhoffii

0905mamushi25_w
日本海の島と蛇に関する話は、この辺で書いた。対馬は毒蛇が多かったり、吃驚するほどの大蛇がいたりして大いに肝を潰したが、隠岐もマムシの多い島で、何度も遭遇することになった。

view photo...

ウシガエルその2 - American Bull Frog - Rana catesbeiana

0808americanbullfrog501_w
日本のウシガエルは相当用心深いが、本場アメリカでは実にのんびりしていた。もちろん近づけばチャポンチャポンと逃げるが、あまり神経が張りつめているという風はない。都会の方にいけばまた違うのだろうか。

view photo...

ユビナガガエルのなかま - a Leptodactylid Frog - Leptodactylus knudseni

0408surinamesefrog25_w
パラマリボから車で数時間、ちょっとした避暑地のブラウンズベルクは僕には(他の人にとってどうかは知らない)天国みたいなところで、山の上だから風が涼しく、生き物はすばらしく豊かで、だけど蚊は少ないのだった。


view photo...

モルトレヒトアオガエル - Moltrecht's Tree Frog - Rhacophorus moltrechti

0911taiwangreenfrog25_w
もう一年経つのか、というのが正直な気持ち。長かったのか、短かったのか、よくわからない。分かっているのは、景色の背景の色が変わったこと、それから日本社会に対する居心地の悪さ、気持ちの悪さがいや増すばかり、ということだ。

view photo...

ヒキガエルのなかま - Red-spotted Toad - Bufo punctatus

0808redspottedtoad008_w
カエルは賢者にみえる時と、俗物にみえる時がある。表情のない動物だが、意外に表情が豊かなのかも知れない。表情といっても、人間における表情喚起能力のようなものだろうと思う。言い換えると、観察者の自己が投影されやすい。


view photo...

オオツチグモのなかま - A Theraphosid Spider ('Tarantula')

0408tarantula25_w
そう言えばタランチュラもいるんじゃないのか?そう気付いたのはスリナムで十日以上過ごした後のことだった。現地の人間に尋ねると確かにいる、という。とは言え初めての南米、鳥も獣も目新しいから、なかなかタランチュラまで気が回らない。だいたいどこにいるのかもわからない。

view photo...
[Sleeker_special_clear]