pmnh wildlife portrait archive : others

チャマダラヘビ - Mock Viper - Psammodynastes pulverulentus

心中本当に見たかったのはヒャッポダだったのだけれど、出てきてくれたものを撮るのがポリシーだから、まぁ見れないのはやむを得ない。ただ、知本へ向かった翌日に、観察をサポートしてくれた宿の主人からメールが来て「出発した夜に立派なヒャッポダが出たよ」と言われたのにはちょっとがっくりと来た。替わりに掲載するには少々小物だが、小さな沢筋で枯れ枝のような格好をして僕を睨んでいたこの蛇を掲載しておくことにする。

とは言え台湾の図鑑によると、茶斑蛇は毒性は弱いが攻撃性は強い、とした上で、眼は猛禽類に似て、相貌は凶悪獰猛かつ生気に満ちる、とある。そんなことに頓着しない撮影者にマクロレンズで撮られた上に、替わりだの小物だの言われるのは、この蛇にしてみれば甚だ不本意かも知れない。




[写真撮影 : 2009/11 - 台湾・台東縣 - ナミヘビ科 - 約60cm - 個人的博物館のヘビのページ ]
[photo data : 11/2009 - Taitung Province, Taiwan - Colubridae - about 60cm - visit the page “Snakes and allies” of the main museum]
[Sleeker_special_clear]