pmnh wildlife portrait archive : birds

ハヤブサ - Peregrine Falcon - Falco peregrinus

1204hayabusa002_w
ハヤブサという鳥は結構どこにでもいるけれども、どこでもあまり多くは居ない。それに、たまに現れても即座に視界から消えていくから、出会うと何となく得をした気分になる。


この個体は、蓋井島の最初のピークの辺にいつも(すくなくとも二日間)いて、僕が頂上に着くと間髪を入れずつがいで偵察に来た。そして、カメラに気付くと今度はスルスルと上空はるか高くに上がってまた停止し、遠くからこちらを観察する。しばらくすると飽きるのか、完全に見切ったのか、とにかくあっという間に空の彼方に消えていく。

旅日記の方に書いたが、驚いたのは、すぐ近くにいるときに発したゴォォォォォという大きな風切音だ。遠くからみているとスイスイと気軽に飛んでいるようにみえるが、トビがまともに飛べないくらいの強風の中、止まったり動いたり、上がったり下がったり、この鳥は人の想像のつかないところで、実はすごいことをしている。襲撃時のダイブ、短距離スプリントだと鳥類最速 (300km/h)というだけのことはあるのだ。

1204hayabusa002


[写真撮影: 2012/04 - 蓋井島 約45-50cm - 個人的博物館本館のハヤブサ・チョウゲンボウのページ<へ]
[photo data : 04/2012 - Futaoi Island, Japan - abt. 45-50cm L - Visit the main museum ('
Falcons, Kestrels, Hobbies and allies')]
[Sleeker_special_clear]