pmnh wildlife portrait archive : birds
europe/ヨーロッパ

ヘラサギ - Eurasian Spoonbill - Platalea leucorodia

0902spoonbill005_w
こういうシャモジみたいな嘴をした恐竜がいたんだろうな、とかつい考えてしまう。ヘラサギは見ていて面白い鳥だ。


View Photo...

アオカワラヒワ - European Greenfinch - Carduelis chloris

0902greenfinch006_w
日本にいる親戚、つまりカワラヒワ、あるいは Grey-capped Greenfinch (C. sinica) に比べると、なんだか目つきが鋭いような気がするけれども、これは一般化してよいものかどうかはよくわからない。

View Photo...

カンムリヒバリ - Crested Lark - Galerida cristata

0902crestedlark25_w
日本では馴染みがないが、ヨーロッパ、とくにギリシャでは普通種。農地の端っことか何もない原っぱとかによくいる。


View Photo...

ニシハイイロペリカンその2 - Dalmatian Pelican - Pelecanus crispus

0902dalmatianpelican317_w
こちらの続き。ペリカンというのはいつ、どこに出てきても唐突な印象を受ける。オーストラリアの砂浜、水際に一羽だけぷかぷかと浮かんでいた奴などは、現実感がなさ過ぎて、鳥というよりプラスチックの人形みたいだった。とにかく重そうで、大食いで、案外団体行動が好きな変な鳥だ。


View Photo...

ホシムクドリ - Common Starling - Sturnus vulgaris

0902starling408_w
ヨーロッパの平野、荒地や畑が続くようなところで、夕方、雲霞のように群れて飛んでいく鳥を見ることがあるが、渡り鳥でなければ、たいていはこいつだ。


View Photo...

ニシコクマルガラス - Jackdaw - Corvus monedula

コンパクトでずんぐりした体形、油断のならない眼。どことなく悪戯好きで抜け目なさそう、という風体の、何と言うか、ちょっとちょっかいを出したくなるカラスだ。日本に似たのがいないので、新鮮。


View Photo...

ハイイロチュウヒ - Northern Harrier - Circus cyaneus

前回がチュウヒだったので、同じチュウヒつながりで今回はこの鳥。この鳥を見る時はたいてい地面の近くを低空飛行していて、あっと思う間にすぐ消えてしまうから普段はどうしているのかと思っていたが、唐突に居た。


View Photo...

ニシハイイロペリカン - Dalmatian Pelican - Pelecanus crispus

ペリカンはユーモラスとか可愛いということになっているらしいが、実際にはどうにもちょっと怖い感じのする鳥だ。だいいち場違いに大きいし、ハットリ君みたいな眼も無表情で取りつく島がない。一羽でも戦車みたいで異様だけれど、のっぺりした顔のまま何羽かで巻き網漁みたいのをしているのも、軍事作戦遂行中という趣がして、見心地の悪さを感じる。
View Photo...
[Sleeker_special_clear]